幼児期の遠視と目の機能について

幼児期の遠視と目の機能について

幼児期の遠視と目の機能についてご紹介します。4、5歳位のこどもが眼鏡をかけているのを見かけることがよくありますよね。この位の年の幼児がかけている眼鏡はほとんどは乱視や近視で低下してしまった視力を良くする為のものではありません。視力を育てるための遠視の眼鏡になります。見た目には同じ眼鏡なのですが使う目的によってまったく違います。

 

もしも、このように遠視である幼児がその為のメガネをかけないでいれば、十分に視力が育たなくなってしまいます。そして、寄り目の斜視になってしまい両目で物を見ることが出来なくなってしまうのです。見ている物が立体的に見える立体感覚、そして見ているものとの距離を感じる距離感覚が十分に育たないのです。

 

そのため、感覚がつかめなくて交通事故などにあってしまう危険性がでてきます。スポーツや運動がうまく出来ないというように日常生活においても様々な不便が起こることがあります。子供の目は、これらの能力が育っている段階なのです。子どもの時に、この両目で見る力をそだてておかなければ大人になって育てるということはとても難しくかなり深刻な問題になってしまうのです。