屈折性遠視と軸性遠視について

屈折性遠視と軸性遠視について

屈折性遠視と軸性遠視についてご紹介します。遠視とは、近視と逆に網膜よりも後ろにピントが合ってしまうという状態のことをいいます。そのため、網膜に映る像がピンボケしてしまうということになります。遠視とは遠くを見る時に光が網膜の後で焦点を合わせてしまう状態のことなのです。眼の屈折力が眼球の長さに対して弱いため網膜の上でピントがきちんと結べない状態のことを指しています。そして、目が屈折力を高めようとする努力をしていなければ、どこにもピントを合わせることができないのです。

 

これは近視と逆で「眼軸」が短いのか、そして水晶体や角膜の屈折力が弱いということのどちらかの場合には、または組み合わせにより起こってしまいます。遠視の場合には遠くを見るよりも近くを見るときに先にピントが合わなくなってしまいますので「老眼」とよく勘違いされてしまいます。しかし、老眼と遠視は全く違います。遠視には、軸性遠視と屈折性遠視の2つのものがあります。まず屈折性遠視とは、眼軸が短いために起こってしまう遠視です。水晶体や角膜の屈折機能が弱いため、近くを見るときでも調節力が働きにくいという状態になてしまいます。つぎに軸性遠視とは、水晶体や角膜の屈折力が弱い事によって起こる遠視です。

 

眼球の長さが短過ぎてしまうために起こります。遠視の状態が進んでしまえば遠くを見るときも、近くを見るときもはっきりと見えなくなってしまいます。見えている場合でも眼が余計な努力をしているため疲れやすいて眼精疲労になりやすいです。視力がある程度良いときは、目はピントを合わせるために水晶体を厚くしようと努力をしていますが、疲れやすくなってしまい頭痛がしたり、読書などの細かい作業が長続きしなかったり集中力が無いというような症状がでてしまいます。