幼児の遠視について

幼児の遠視について

幼児の遠視についてご紹介します。多くの場合、3歳児検診のときに視力の低下が疑われることがありますので精密検査をおこない遠視だということが判明する場合が多いそうです。しかし、大変なのは弱い遠視や中程度のもので見逃されてしまうこともあります。近視と同じように遠視についても病気ではありません。遠視の場合は近くを見るときにピントが合わない状態となってしまいます。

 

近くの物を見ることのほうが多い現代社会では、子どもの眼に対しとても負担をかけることになってしまいます。強度の遠視の子はもちろんですが、3歳児検診のときには発見されなかった弱い遠視の子の場合にも緊張してしまい近くを見続けることは、眼が疲れるだけではなくて集中力が低下してしまいます。また、落ち着きのなさにも繋がってしまいます。

 

さらに恐ろしいのは、弱視の原因になってしまうこともあることです。そのため眼鏡による矯正が必要かどうかを、医師からきちんと診断してもらう必要があります。遠視の場合、近視と違って成長にともない弱くなってくる事が多いのも特徴です。幼児期の遠視をみつける為には重要な3歳児検診なのですが、多くの自治体では家庭で簡単み出来る視力検査をするようにと指示されます。