子供の遠視とレーシックとはどういうもの?

子供の遠視とレーシックとはどういうもの?

子供の遠視とレーシックについてご紹介したいと思います。遠視は、子供に多い眼の病気だといわれています。遠視の子供を持つ親には、遠視の治療に悩んでいる方もたくさんいると思います。遠視は成長に伴って改善されていきます。しかし、遠視が強度の場合には、放置してしまうと弱視や斜視の原因になってしまいます。遠視の治療は、矯正トレーニングや眼鏡などがあります。

 

その他にも「レーシック」や「イントラレーシック」などの手術でも、裸眼の視力を治療する事が出来るようになりました。遠視については、遠くの物が良く見えるが近くの物が見えないというように誤解されている場合が多いようです。遠視は、遠い近いに関係はなく焦点が合っていない状態のことを指しています。遠視は、幼児に多いですが、成長に伴って徐々に改善されるか、近視の方になっていきます。

 

遠視は遺伝的要素が強いといわれていますすが、個人差が激しいため遠視が強い場合は、「イントラレーシック」など手術を含める治療が必要となります。遠視治療として、「レーシック」という、矯正手術が近年では注目されています。「レーシック手術」は、普通のレーシック手術と、イントラレーシック手術に分けられておりイントラレーシックとレーシックの違いは、レーシックは角膜を切開するときに金属製の刃を使います。そしてイントラレーシックの場合はレーザーを使います。