遠視と屈折異常について

遠視と屈折異常について

遠視と屈折異常についてご紹介したいと思います。近視と同じように、遠視は屈折異常の1つです。近視は近い物は見えやすくなってしまい、遠い物が見えにくいという症状になります。しかし、遠視の場合は、遠くは見えやすくなります。そして、近くの物が見えにくいという症状ではありません。
遠視は、目の屈折力が弱いため、網膜上に正しくピントが結べない症状の事です。

 

若いうちは、目の屈折力が強いため、遠距離が良く見えるそうです。しかし、年齢と共に目の屈折力が衰えていきますのでまずは近くが見えにくくなってしまいますそして、遠視症状が悪化していくと、遠くの物も見えにくくなってしまいます。遠視がひどくなると、ピントを合わせるのに、必要以上に調整をしないとなりません。

 

そのため、とても目が疲れやすくなってしまい頭痛や肩こりを伴う場合もあります。さらには、落ち着きが無くなってしまったり我慢が出来ない、また飽きっぽくなったりするなどの症状も出てしまいます。もし、このような症状が出てくると、眼の視力が良い場合でも、メガネをかけることが必要になってきます。