子供の遠視の症状について

子供の遠視の症状について

子供の遠視の症状についてご紹介したいと思います。子供の遠視の場合、本人がなかなか異常を訴えたりしません。そのため、眼科にいって子供の遠視が見つかるということはないといわれています。子供はこれが自分にとって当たり前の見方だと思っています。そうなってくると子供の遠視に気がつくのは親だけしかいません。

 

例えばにらめっこしてみましょう。その時に、目が内側によっていたりしませんか?また、本やテレビを見るときの目つきが何だか不自然だと思ったことはありまえんか?このような場合には子供の遠視の症状があらわれている可能性が高いといわれています。そして、子供の遠視で特徴的な点といえば落ち着きがないことです。

 

このように落ち着きがなかったり、集中力がないといった症状なども子供の遠視の症状として特徴的です。また偏頭痛を持っているということも子供の遠視の症状のひとつだといわれています。弱い子供の遠視では、視力が良い場合にはあまり気がつけませんが、子供が目が疲れるといったり、偏頭痛があるような場合には、子供の遠視を調べるために眼科にいってみたほうが良いでしょう。