老眼と遠視

老眼と遠視

老眼になってしまうと近くのものなどが見えにくくなってしまいます。また無理をしていると、次のような症状が現れてきてしまいます。まずは肩こりの症状です。それか目の疲れや頭痛、そして吐き気などです。このような症状があてはまる人は眼科の先生に一度みてもらうとよいでしょう。近視の人は老眼にならないのか?というような疑問がわくかもしれませんが一般にいうと近視の人は老眼になるのが遅いとされています。

 

そして、遠視の人は老眼になるのがはやいといわれています。しかし、このような考えは正しくありません。それは近視の人は老眼になっても、正視、遠視の人と比べてみるともともと近いところにピントが合っているため、その分だけ水晶体の調節を必要としないで見かけ上は老眼になっていないようにみえます。近視の人は、近視用の眼鏡をかけた状態でいれば、正視の人とあまり変わることはありません。

 

近いところを見る場合には、正視の人が老眼鏡をかけるのと同じように、近視用の眼鏡をはずすようにしましょう。また、めがねの度を下げることによって対処するようにしましょう。遠視と老眼は違うものなのですが、どちらも目の疲れを中心とした症状がありあす。そして、からだの疲労が加わってしまいます。近くを見る作業を長く続けていれば目やからだに疲れがたまってしまいます。あまり目が疲れやすいようであれば、眼科の先生に相談してみるとよいでしょう。