内斜視について

内斜視について

内斜視という言葉をあなたはご存知でしょうか。強度の遠視になってしまうと、はっきりと見るために余分な調節が必要となってしまいます。そのため、目が寄ってきてしまい内斜視になってしまいます。次に弱視という言葉について聞いたことがありますか?強度の遠視になってしまうと、調節の努力をしてもピントが合いにくくなってしまいます。

 

小児の場合には、この状態のまま、矯正しないでおくと視力の発達が止まってしまい弱視になってしまいます。老眼は誰もがなる“目の老化”のことです。老眼は40歳前後から始まるとされています。誰しもがなる目の老化で、水晶体の調節力が弱まってしまった結果、近いところがみえにくくなる症状のことを指しています。自分はまだまた若いからというように無理をしてしまうと色々な不都合が生じてしまいます。

 

老眼になると近くが見えにくくなってしまいます。そして無理をしていれば、次のような症状が現れてきてしまいます。まずは肩こりです。そして目の疲れや頭痛、吐き気などです。このような症状があてはまる人は眼科の先生に相談してみるとよいでしょう。そして近視の人は老眼にならないのでしょうか?一般に、近視の人は老眼になるのが遅いとされています。