視力と遠視

視力と遠視

視力がよいと遠視なのでしょうか?遠視は遠いところを見るときはもちろんですが、近いところを見るときにも調節をしないとはっきりとは見えないそうです。そのため遠視とは、遠くがよく見える状態ではないということになります。遠くがよく見える目は正視だとされています。遠視チェックをしてみましょう。たとえば飽きっぽいことはありませんか?

 

また、目が疲れやすかったり、落ち着きがなかったり、見にくそうにしていることはありませんか?あてはまる人は眼科の先生に相談してみるとよいでしょう。また、お子さんの場合はお母さんが確認してみるとよいでしょう。遠視だと困ることにつてですが、こどもの場合には遠視であっても調節力が強いため、症状が現れない場合が多いのです。

 

しかし、軽度の遠視でも年をとるにつれて、また強度の遠視になると次のような症状が現れてしまいます。絶えず目の調節を必要とするため目とからだが疲れやすくなってしまい集中できないために学習や仕事の能率があがらないといったことがあげられます。遠視の度が強くなってくれば内斜視になったり、視力の発達がまだ不十分な小児の場合には弱視になってしまうことがあります。