遠視と老眼

遠視と老眼

遠視と老眼の場合、どちらも凸レンズの眼鏡を使っているため実は混同されがちです。しかし遠視と老眼はそもそもの原因が違います。ものが見えるしくみや目に入ってきた光は角膜、続いて水晶体と呼ばれるカメラのレンズの役割を果たしている場所を通って屈折されます。そして眼球の奥にある網膜に到達します。網膜でピントがあうように水晶体の厚さを調節していきます。

 

屈折異常とは、目の屈折状態は眼軸の長さとレンズである角膜・水晶体によって決定されることになります。眼軸の長さが長すぎたり、短すぎたりすれば遠くのものが網膜にピントが合わなくなってしまいます。これが屈折異常ということなのです。遠視と老眼のちがいは、遠視は遠いところを見るときの屈折異常であるのに対して、老眼は老化による調節異常のことです。そのため近いところを見るときだけの問題になります。

 

遠視の場合(屈折異常)には、目に入ってきた光は眼軸が短いので調節を休ませたときに、網膜の後ろにピントが合ってしまいます。遠いところや近いところを見るような場合には、さらに多くの調節をおこない網膜にピントを合わせることになってしまいます。老眼の場合(調整異常)には、老化のため水晶体の弾力性が弱まってしまい近いところを見る際に網膜にピントを合わせることができません。