遠視と弱視の鍵

遠視と弱視の鍵

遠視はメガネをかけることによって弱視にまでなることを防ぐことが出来るということになると思います。遠視から弱視になってしまえばメガネをかけても物が見えない状態になってしまったり、物がぼやけてしまうというような状態になってしまいます。脳までの伝達回路が発達していないことにより、像が認識できていない状態になってしまいます。

 

たとえば、矯正をしたとしても4歳で0.5程度、また5歳から7歳で1.0以下の視力であれば弱視の疑いがあるとされています。また、左右の矯正視力の差が大きすぎるような場合にも弱視を疑う必要があります。そのため気をつけたほうがよいでしょう。遠視から弱視になってしまった場合などでも適切な治療をすればほぼ回復するといわれています。

 

これは、いずれにしても周りが早めにお子さんの目の異常に気づいてあげることが必要になると思います。8歳までに訓練すれば治るともいわれていますし、10歳の子でもあきらめずに治療をしていれば回復したケースもあります。成長には個人差があるため発見から訓練まで周りがきちんと見守ってあげなくてはならないと思います。