遠視と弱視について

遠視と弱視について

子供の遠視を、長い間気づかないままにして放っておいてしまうと弱視になってしまうことがあります。赤ちゃんのときは誰でも遠視の状態となっています。成長するにつれて自然に治っていくものなのですが、遺伝や環境などによっては遠視のままの状態のお子さんがいることも事実です。本人は子供なのでそれが異常なことだとは気づいていないことが多いそうです。

 

そのため発見が遅れがちなことが現状だといえます。遠視の場合は、遠くも近くもピントが合っていない状態なので、物を見るときにいつでもピントを合わせなくてはいけません。そうすると目が疲れやすくなってしまったり顔を傾けて物を見るようになったりします。そして集中することが苦手になってしまいます。子供の集中力不足の原因には遠視があることが最近になってわかってきました。

 

そして遠視であるために学力が不足してしまうとさらに大きな問題になっています。早めに遠視に気づいてあげて治療をしてあげればほとんど治ってしまうもののようえす。小さい頃からメガネをかけさせるのはかわいそうだとは思いますが放置して弱視になってしまうことだけは避けなければならないと思います。きちんと訓練することによって伝達回路を発達させていけば遠視は成長とともに次第に回復していきます。