遠視性乱視について

遠視性乱視について

遠視性乱視とは、一体どういったものなのでしょうか。遠視性乱視とは遠視と乱視が混ざった症状のことを言います。しかし遠視性乱視の症状や程度、対応策などもそれぞれです。遠視性乱視の治療は、主に手術かメガネでおこなう矯正になります。遠視性乱視の症状が子供の時期に出たのであれば、弱視になることを防ぐために早めのトレーニングをはじめなければなりません。

 

大人になるにつれて成長も止まっていきます。そのため、レーシック手術を受けるといった方法もありますが、レーシック手術の場合は、保険が利かないため治療費が高額になってしまいます。レーシックとはレーザー光線で角膜を削る治療のことですが、短時間でクリアな視界を手に入れることが可能となっているため、最近では人気が出てきています。

 

しかし、レーシック手術にはトラブルもあると言われているので、メリットばかりに目を向けないようにしてきちんと信頼することができる病院で相談してみると良いでしょう。遠視用乱視専用のコンタクトレンズは需要が少ないので取り扱いはないといわれています。しかし、症状の強さによって遠視を補うのか乱視を補うのかで選ぶことができるレンズがあると思います。