遠視の治療について

遠視の治療について

遠視の治療についてご紹介したいとおもいます。遠視の治療ではその症状や度数にあった遠視用のメガネをかけることが一般的だとおもいます。子供がメガネをかけている姿をみるとなんだかかわいそうなきもしますよね。しかし、これは治療の一環です。そしてお薬を飲むことと同じです。早めにメガネで矯正をしてあげて正しい治療していったほうがよいでしょう。

 

そのほうが、子供が成長するとともに遠視の状態が良くなる可能性も高いのです。子供の遠視は実は子供が自覚しにくいそうです。そのため周りにいる親なども気がつきにくいそうです。このような遠視である状態が普通なのだと思って過ごしていることもあります。周りが先に気づいてあげる必要性もでてきます。たとえばお子さんが転びやすかったり、顔を動かして物を見ているようであれば眼科できちんと検査をしてもらいましょう。

 

外見だけを気にしてしまい治療のタイミングを逃してしまうと、症状が進行してしまうため弱視や斜視になってしまうこともあります。そのため適切な治療を考えてあげて早めに治療をうけるようにしましょう。だんだんと成長するとともに治ってくるともいわれる遠視なのですが残念ながら回復しないときにはコンタクトを装着することになる場合もあります。