遠視とは、一体どのようなもの?

遠視とは、一体どのようなもの?

遠視とは、一体どのようなものなのでしょうか。遠視は近いところを見るにも遠いところを見るにもとても眼の調節を必要としていることがわかってします。調節を必要とするため、遠視以外のひととくらべてみると眼がとても疲れやすい状態になってしまいがちです。遠視は近視と比べてみると、イメージ的に遠くが見やすい状態だととらわれがちです。

 

しかし、そうではないのです。眼というものは本来、近くのものを見るときだけ調節を必要とします。しかし、遠視の場合だと、どこを見るためにも絶えず目の調節をしていないと物が見にくいという状態におちいってしまいます。常に調節をしながら物を見ていることから、眼精疲労や集中しにくくなったり飽きっぽいというような症状のほかにも、頭痛や肩こりなども起きてくることがあります。

 

子供の遠視は、珍しいことではありません。しかし、その症状がわかりにくいとされています。たとえば転びやすかったり、左右の目の動きに違いがあるときなど、顔を動かして物を見ようとするときなどは遠視の疑いがあります。ひどくなってくると強度の遠視から弱視や斜視の原因となってしまうこともあります。これは、必要以上に調節しないと物が見えないために目が寄ってきてしまうのです。