遠視の診断方法について

遠視の診断方法について

目の調節力が強過ぎてしまい困ってしまうこともあります。調節機能というものは年とともに衰えてきてしまいますので老眼の発生原因となります。一方で子供の場合は、調節力が旺盛すぎて屈折検査のデ−タが攪乱してしまう一因となることもあります。つまり、遠視のはずが、検査をする時に調節力を働かせてしまうので正視とでてしまうことがあったり、場合によっては近視とでたりすることがあります。

 

これは調節緊張というものなのですが、また日常生活の中で、調節力が不必要に強いお子さんもいます。そのためかえって周りのものが見にくくなることがあります。これは調節痙攣というものです。この場合ですとデ−タは近視と出ることが多いです。ひょっとすれば遠視の目であるのに近視の眼鏡を持っていたりすることもあります。こまったことに調節力のおかげで屈折検査が不正確になってしまうのです。

 

そこで検査をする前に閉瞼安静の時間をとったり、雲霧法というテクニックをもちいて目を休ませたりしてから測定をするとのですが、これも万全ではありません。しかし調節麻痺剤という薬がありますので、これを点眼すれば一時的に調節機能を止めることができます。眼科医はこれを用いながら調節痙攣の診断や治療に応用しています。最終的にはこの方法が確定的な診断となります。