遠視の診断方法

遠視の診断方法

目には焦点距離というものがあります。人の目にはカメラやビデオ装置と同じような、それぞれ固有 焦点距離が決まっています。また機械などで測定することができます。この焦点距離が前方10mや20mであれば遠くのものにピントがあうことになっています。この焦点距離が1mとか50cmのかたも中にはいます。この場合には、遠くの物体にはピンをが合わせることができません。近くのものは見えますが遠くのものはピンぼけということになってしまいます。

 

単純に言うと、これが近視なのです。中学生時代の理科の教科書のなかには、虚の焦点という言い方があったと思います。焦点がレンズの後方にある場合のことで、つまりはどこにもピントが合わないということなのです。これが遠視に相当してしまいます。それでは遠視の目は何も見えないのでは?ということになりますが、人間の目というものは焦点距離を変化させていき、調節する機能を持っていますので大丈夫なのです。これは自動焦点ビデオカメラと同じです。

 

機械と違う点でいえば、この調節機能は内眼筋を使うので長時間働かせることによって次第にくたびれてきます。そのため遠視の人は長時間ものをみつめる作業をしていると疲れてしまいます。そのため仕事や勉強などの能率が悪いことがおおいのです。特に学童の場合には読書嫌いの一因となってしまいます。