遠視の原因

遠視の原因

遠視の原因についてご紹介したいとおもいます。遠視とは、目の屈折異常から平常時に網膜の後方でピントがあうといった状態のことです。遠視は近視の逆だから「遠くがよく見える」というように思われがちですが、強度の遠視の場合には遠くも近くも見えない状態になってしまいます。度合いが中程度の遠視の場合は遠くは見えて近くは見えない状態になってしまいます。また軽度の遠視では遠くも近くも見えるのですが、常に調整力を働かせなくてはならないため眼精疲労の原因となってしまいます。

 

遠視の矯正は凸レンズのメガネ(眼鏡)やコンタクトレンズをつかって行われます。小児期に重度の遠視を矯正しないで放置をしていると、弱視の原因になってしまうため注意が必要となります。はっきりとした像を見ないまま成長するため、脳が「見ること」を学習できないことが原因なのです。

 

近視の場合は、見えればメガネ(眼鏡)を使ってもいいとされていますが、遠視は見えても見えなくてもメガネ(眼鏡)を常につかわなければなりません。そのため、小児用の遠視のメガネ(眼鏡)フレームは、激しく体を動かしても落とすことがないように耳に引っ掛けるタイプ(スポーツ専用)のものが多いみたいです。一般に人間の目は成長につれて近視化を続けていくため小児期に遠視だったものが大人になって「治る」ということは少なくはないようですが、逆に「遠視になる」ことは稀なのです。俗に「遠視になった」といわれる現象ですが、ほとんどの場合、若いころは自覚しなかった軽度の遠視が調整力の低下によって自覚されるようになったものとされています。