弱視と遠視

弱視と遠視

遠視というものは遠くが見えて近くが見えないのではと思われているかたも多いとおもいます。実は遠くも近くも見えないのが遠視なのです。眼球が小さいなどの理由から、焦点が眼球の外側にあるのが遠視なのですが、遠くも近くも焦点が外側にあるため、ピントを合わせることができません。近視は近い物には焦点が合うため弱視になることはほとんどありませんが、遠視の場合は全てに焦点が合わないためぼやけた物しか見ることができません。

 

そのため、脳へと正しい刺激が送れずに視力未発達の弱視になってしまうことがあります。また検査のたびに視力が変わるのかという疑問もあるとおもいます。子どもは気分や状態によって結果が変わることもあります。子どもはその時の気分や体調によって検査への反応に差がありますのでいつでも正確な視力が測れるとは限りません。特に初めての病院などでおこなう場合には緊張してしまうため正しい結果が一回では出ないこともあります。

 

弱視などの長期に渡る治療の場合には、毎回の検査結果に一喜一憂しないようにしましょう。そして気長に取り組んでいったほうがよいでしょう。テレビやテレビゲームなどは目に悪くないのでしょうか。これは短時間であれば訓練に利用することができるようです。長時間テレビを見たりテレビゲームをすることは、目を疲れさせるので良くないのですが、子どもが喜んで夢中になるテレビやテレビゲームは、目を集中的に使ってメガネやアイパッチも気にならずに時間を過ごすことができます。そのため弱視訓練に有効だともいえます。目と同時に手も使うようなゲームは、親が時間を管理することによって弱視訓練に活用することができます。