不同視弱視の訓練方法

不同視弱視の訓練方法

不同視弱視の訓練方法とはどういったものなのでしょうか。それは良い方の目を隠して悪い方の目を使うようにします。良い方の目だけ使って、視力の弱い方の目を使わないため弱視になっているので、アイパッチなどで良い方の目を隠してあげて、強制的に悪い方の目を使わせていきます。それまで見えていた世界よりもぼやけた世界になるため、子どもにとっては大変だとおもいますが、子どもの好きな遊びで楽しく過ごさせる工夫をすればよいでしょう。

 

目には乱視というものもありますよね。乱視とはどういうことなのでしょうか。それは角膜のひずみのため物がゆがんで見えるということです。角膜がひずんでいたり、傷ついたために、物がゆがんで見える状態のことをさしています。遠くも近くもきちんとピントを合わせられないんで弱視になってしまう可能性があります。小学生になっても弱視は治るのでしょうか?まずは10歳位まではあきらめずに訓練をするようにしましょう。

 

たとえば小学校に入ってから弱視に気付き、10歳位まで訓練して視力を伸ばしている例もあるのです。視力が完成する年齢にも個人差があります。そのため、あきらめずに視力を伸ばす訓練を続けてみてはいかがでしょうか。また、どうしてメガネをかける必要があるのかという疑問もあるとおもいます。それはメガネで鮮明な映像を見ることが弱視訓練には重要だからです。視力の発達時期を過ぎてからの目は、メガネは必要な時だけかければすみます。しかし、視力の発達期にある弱視訓練中の子どもにとってメガネは不可欠だといえます。メガネをかけてあげて鮮明な映像を脳に送り続けることによって脳までの連絡回路が発達していくのです。