弱視は治るのか?

弱視は治るのか?

弱視の視力ってどれくらいあるのでしょうか?視力だけでは判断することはできませんが、矯正視力が3歳で0.3以下で、4歳で0.5以下、6〜7歳で1.0以下の場合には視力未発達の弱視の疑いがあります。また、矯正視力で左右の差が大きいような場合にも弱視の可能性があります。弱視が治ればメガネをはずすことができるのでしょうか。弱視の訓練は矯正視力を上げることが目的です。

 

弱視の場合には、メガネをかけても初めのころは矯正視力がほとんど変わらないそうです。遠視や乱視を矯正したとしても、脳までの連絡回路が未発達なため、正しい映像を認識することができないのです。そのことが問題なのです。訓練をすることによって少しずつ矯正視力が出てきます。遠視は成長と共に弱くなっていき、視力の発達期を過ぎればメガネをはずせることもありますが、弱視の目的は、実はメガネをはずせるようになることではないようです。

 

不同視弱視というものもあります。いったいどういうことなのでしょうか。左右の視力差が大きいために起こる弱視で左右の視力の差が大きいと、左右の映像が違い過ぎるので脳で一つの映像として認識することができないのです。そのため鮮明な映像だけを認識するようになります。したがって視力の弱い目は使わなくなります。見ることで発達する視力なのですが、片方の目だけ発達できなかった状態が不同視弱視ということなのです。