弱視について

弱視について

弱視は治るのか、気になりますよね。どうも7〜8歳までに訓練すれば治るようですよ。眼球から視神経、視中枢までの機能に異常がないといわれている視力未発達の弱視の場合は、視力の発達期である7〜8歳までに訓練をおこなえばほとんどが治るそうです。それまでぼやけた映像の刺激しかないため発達することができなかった視力を、メガネでピントの合った映像を見続けることによって発達させることができます。

 

それではいったい弱視ってどういうことという疑問を持つ方もいるとおもいます。それはメガネをかけても正確に見ることができない状態のことです。普通の近視・遠視・乱視などは、メガネで矯正をおこなえば網膜にピントの合った映像を結ぶことによって鮮明な映像を見ることができます。弱視の場合は、眼から脳へと映像を伝える伝達回路が正常に発達していないため、網膜にピントがあったとしても鮮明な映像を認識することができないのです。ただメガネをかけただけでは、ものを正確に見られないということが弱視なのです。

 

どうして弱視になってしまうのでしょうか。それはぼやけた映像しか見られなかったため視神経から脳が未発達なことがあげられます。遠視や乱視などでぼやけた映像しか見られなかったり斜視や不同視などから、片方の眼を使わないというような場合んは、視神経から視中枢が正常な刺激を受けられないため発達することできません。そのため、メガネをかけて網膜にピントの合った映像を写したとしても、脳はぼやけた映像しか認識することができないのです。