子供の遠視とは

子供の遠視とは

子どもの目の場合、視る機能が発達の途上のためまだまだ未熟といえます。そのため、この時期に視る機能を障害するような要因があると、発達が妨げられてしまうこともあります。その要因の代表的なものの中に遠視があります。遠視を早期に発見してあげて適切な管理を行うことが必要となってきます。けれども、眼科医の説明が不十分であったり、両親をはじめとして家族が正しく理解できなけば治療を速やかに進められないこともあります。

 

遠視は屈折異常の一つです。それでは目は、どのようなしくみでものが見えるのでしょうか。目は、カメラと同じようなつくりをしており、私たち人間がものを見ようとすると、外からの光は角膜や水晶体でピント合わせの作用を受けて曲がって網膜に投影されて像を結ぶのです。その情報が視神経を通って脳に伝えられることによって「見えた」というように感じられるのです。

 

たとべあ目になにか特別な病気がなくても、よく見える人とそうでない人がいるのはなぜなのでしょうか。それは見ているものの像が、ちょうど網膜面でピントが合う状態のことを正視といいます。このときはものははっきりとよく見えています。けれども網膜面からずれてピントが合ってしまうと、網膜面上の像はピンボケとなってしまうためはっきりとは見えません。これが屈折異常です。網膜面より前でピントが合う目を近視といい、後ろでピントが合う目を遠視といいます。