PENTAX 中近レンズ160Pafina(パフィーナ)の設計

PENTAX 中近レンズ160Pafina(パフィーナ)の設計

室内メガネを快適につかうためにはどのようなものがあるのでしょうか。PENTAX 中近レンズ160Pafina(パフィーナ)の設計についてご紹介していきたいと思います。室内を広く見わたせるということがポイントとなるのですが、遠近両用メガネの見え方としては一般的に遠近両用レンズでは、近くから遠くは見渡すことができますが、左右の視界がぼけやすくて視野が狭くなりがちです。160Pafinaの工夫としては、内面累進・内面非球面設計によって左右のゆがみを少なくしてくれて手元から4〜5メートルぐらいの視界を広く見ることができるみたいですよ。

 

また両眼視でどのくらいの視野が得られるのでしょうか。近くの距離の対象物を見るときには両眼視したときの左右の明視域が一致していないと、視野が狭く感じることがあります。最適内寄せ設計をされていないレンズの場合には視界のロスが発生しやすいそうです。160Pafinaの工夫としては、視界のロスを出さないために左右の明視域を一致させているみたいですね。ほかにも視界にゆれ・ゆがみが少ないということも特徴です。遠近両用レンズにありがちなものが視界の「ゆれ」や「ゆがみ」による対象の見にくさや目の疲れやすさということなのです。なめらかで、広い視界があれば、目にもやさしいでしょう。160Pafinaの工夫としては、内面累進・内面非球面設計によってゆれやゆがみを最大限に抑えているそうです。

 

最後に度がきついと感じにくいようです。通勤やドライブなどの外での活動を考えて設定されたレンズを室内で使いつづけた場合には度がきつく感じたり、目が疲れやすいなどと感じることがありますよね。室内活動に適した設計のレンズや度合いを考えることがとても大切です。一日のなかで室内活動が多い場合にはそれに適したメガネを使うことによって生活も快適にできますし、目にもやさしくすごせるようになりますよ。ライフスタイルに合わせたメガネづくりはとても大切なことなのです。