室内で利用するめがね

室内で利用するめがね

メガネを愛用しているかたも多いとおもいます。そんなあなたは普段は、どこで過ごすことが多いですか? 自宅で過ごすことの多いミセスの方もいるでしょうし、オフィスで一日の大半をすごすというかたも多いでしょう。現代人は室内で生活している人が多いそうです。都市で生活しているかたたちは、近視の方が多いといわれています。それでは近距離から中距離のなかでの目を使う作業例をみてみましょう。

 

近距離ですることはたとえば新聞や書籍を読んだり、パソコンで作業をしたり、携帯電話でメールをしたり、食事をしたり、手芸をしたりということがあげられるとおもいます。中距離ですることはテレビを見たり、会議をしたり、料理をしたり、掃除や洗濯をしたりするということです。1日のうちで、これらの作業にどのくらいの時間がかかっているのか、考えてみてはいかがでしょうか。

 

このような作業をする際には使っているメガネに不便や不都合を感じることはありませんか。一般的に、単焦点レンズと遠近両用レンズに大別されるメガネなのですが、これらの室内で利用するデメリットを解決すれば室内生活がより快適にすごせるようになりますよ。室内でつかうめがねを快適化すればより快適に生活することができますし、目にかかる負担も軽減されるのではないでしょうか。