眼の病気

眼の病気

眼の病気には近視や遠視、乱視などもふくまれます。近視や遠視、乱視などを矯正させるためには視力回復のトレーニングをおこなったり、めがねやコンタクトレンズなどを使用したりすることが一般的だとおもいます。眼は光を屈折させるレンズの役割をする組織で構成されていますがなかでも角膜と水晶体は光を屈折させる力がとても大きい組織といえます。また、水晶体の周りの筋肉の部分は水晶体の屈折力を状況に応じて変化させる役割を担っています。

 

特に、近くのものを見ようとするときには、屈折力が大きくなるよう水晶体の厚みが増えていきます。私たちの目はこのような調節を自動で行っており調節を全く行わない条件で、光が神経の膜にあたる網膜にぴったりと焦点を結ぶような目を正視眼というように呼んでいます。網膜の前方や後方で焦点を結んでしまうような状態が、いわゆる近視や遠視というように呼ばれるものです。これらの状態になってしまうと遠くにあるものを見たときの像の焦点が網膜に合わなくなってしまうため、見ている像がぼやけて見えることになります。

 

これを補正するために眼前に補正レンズを置くような必要があります。この補正レンズの代表的なものが眼鏡やコンタクトレンズというものになるのですが最近では、レーザーによって角膜の屈折力を変えてしまうこともできるそうです。そのような治療をほどこすことによって限りなく正視の状態に近づけることができます。この屈折矯正手術は広く普及し始めています。