遠視とめがね

遠視とめがね

遠視眼とメガネについてご紹介したいとおもいます。よく遠視と老眼を混同されている方も多いようですが実は加齢によって老眼になり始めてしまったことを「遠視になってしまった」というようにいうかたがいるようなのです。このことは老眼というように「老」の字が付く言葉が自体にあまり良いイメージがないことも背景にあるようですが遠視と老眼は全くの別だということなのです。

 

これと同様に老眼鏡を「近視用」と言わている方も多くいるようですがこれでは近眼用のメガネと区別ができなくなってしまいます。この場合に「近く用」もしくは近用【きんよう】と言われれば正解だとおもいます。遠視とはどのような状態の眼なのでしょうが?近視の場合は遠方のものは網膜の前側で結像しているのですが、遠視はこの逆なのです。「遠視だと遠くが良く見える」ということもよく耳にしますよね。このことは半分は正解なのですが、半分は不正解といえます。

 

遠視眼は遠くのものを見るために調節力を働かせますがこの力を働かせれば遠くはよく見えていますよね。けれども常に力が入っている状態になってしますため目の疲れ(眼精疲労)の原因になってしまいます。またこの力よって遠視の度合いが上回ってしまうと、遠くのものもよく見えなくなってしまうのです。こういったことが半分は不正解だということなのです。近くのものを見るためにはより一層の力が必要となってしまうため見難かったり、疲れやすくなってしまったりします。