遠視とレーシック

遠視とレーシック

コンタクトをつかっている方たちはほとんどの方が近視なので遠視の方にはなじみがうすいかもしれませんね。でも、レーシックでは近視や乱視だけではなくて遠視も矯正することができます。遠視は、近視とは逆の症状で眼のレンズ(角膜と水晶体)によるピント合わせが網膜を通り過ぎた位置になっている状態のことなのです。このときに眼の前後長(眼軸)が短くなっているためこのような状態も近視とは逆になっています。

 

レーシックの適応となる遠視の方は結構多いみたいですね。遠視の原因にはさまざまなものがあります。人間の場合は生まれたときはだれでも多かれ少なかれ遠視の状態なのです。このことは生後すぐの赤ちゃんは眼球の大きさが小さくて眼軸が短いためだからです。一般的には発育をするにつれて眼軸とレンズの屈折力の関係が正常となっていきます。けれども、なかには強い遠視が残る児童もいます。そういった強い遠視は内斜視や弱視の原因となってしまいます。

 

このように調節性内斜視の治療をするためには遠視レーシック手術が効果的な場合があります。ただ、残念なことに小児にはレーシック手術を行うことはできないのです。成長して大人になっても内斜視が残っていてコンタクトで視力を改善しているという方はレーシック手術を考えてみてはいかがでしょうか。

 

軽い遠視があったとしても調節力の大きい若い世代の場合は視力が低下することはあまりありません。しかし、調節力が減退してしまう40代後半になっても遠視が残っていたりすると人よりも早く近くのピント合わせが出来なくなってしまい老眼を自覚することになります。調節力が完全になくなってしまうと近くをみるときだけではなくて遠くの視力も低下してきてしまいます。このような場合には遠視レーシックのよい適応となります。