遠視と近視

遠視と近視

近視になる原因は遺伝のせいや姿勢を悪くしてしまったためだとか色々といわれているようです。ほかにも食生活や、外傷他の病気による誘因なども考えられているそうですが、厳密には近視の原因はハッキリとは解っていないそうです。遺伝と姿勢は考えられている原因の主な2つですが同じ近視でも、主な原因が遺伝なのか姿勢なのかによって症状に違いはあります。近視の反対は遠視なのでしょうか。遠くの物を見る事が得意と思われがちな遠視ですが遠視は本来は遠くも近くもボヤケてしまうという症状でどこにもピントのあわない眼といえます。ピントをあわせる能力の乏しい事が原因とされており遠くが見えるのは、その人が無意識に遠くを見るための調節機能を働かせているからなのです。

 

そのため眼鏡なしではとても眼が疲れやすくて仕事をすると肩が凝ってしまったり頭が痛いという「眼精疲労」になりやすい眼。なのです遠視も近視同じように主に2つの原因によって、症状の違いが現われてきます。屈折性遠視は水晶体の前で「第一のレンズ」の役割をする角膜のカーブがゆるいことから入ってきた光を屈折させるパワーが弱いので焦点が網膜より後ろで結ばれてしまうことがあげられます。その結果として焦点のあわない光が網膜に届いてしまいボヤケて見えるのです。

 

軸性遠視は眼に入る光の屈折率が正常であったとしても眼の長さ(眼軸)が短い事から遠視となります。眼軸が短い場合には網膜は本来あるべき所より手前になってしまいますのでその結果としてやはり焦点は後ろで結ばれてしまいます。遠視眼鏡の構造ですが、屈折性にしろ軸性にしろボヤケて見えてしまうのは網膜の後ろで焦点があってしまっているからなので凸レンズの力によって屈折力を少し補うことによってハッキリと見えるということなのです。それが遠視眼鏡の構造となります。