遠視の症状

遠視の症状

老人性遠視の場合は、加齢にともなって調整力が低下していくことがあげられます。加齢により遠視の度が吸収しきることができなくなって遠視が顕在化していってしまうのです。近視の場合は、その症状は比較的単純ともいえます。それは近視の度数に比例して視力がおちていきます。その視力が落ちた状態をカバーするためにメガネやコンタクトレンズなどをつかって一般的には補正していきます。強度の近視の場合は網膜はく離の危険性を考えたほうがよいかもしれません。

 

遠視の症状の場合、遠視があったとしても調整力でおぎなわれますので視力にたいして影響がないため、そんなに意識しなくてもよいとおもいがちです。これは若いときの場合はすくなくても大丈夫とおもいがちです。けれども実は遠視の場合のほうが近視よりも怖いそうです。

 

まず、遠視で問題となってくるのは眼精疲労があげられます。遠視の人の場合は近くをみるときも遠くをみるときも常に調整をおこなっており、調整をするときは毛様体筋を緊張させていますからつまりは疲れるということです。目がしょぼしょぼしてしまったり、読書が長続きしなかったり、首や肩がこるというかたは遠視や乱視などを疑ったほうがよいかもしれません。近視の場合はメガネやコンタクトレンズがないとみえづらいという不便な点がありますが、逆の調整力を働かせているといううごきをできないため、そういった意味では眼精疲労になりにくいともいえます。