遠視について

遠視について

眼は近くのものを見るために網膜上に正しく焦点をあわせます。そのため眼の中の筋肉を働かせて水晶体の屈折を強くするための機能をもっています。この働きを「調節力」といい調節力は小児の時に最大に持っていてそれ以降は加齢がすすむにつれてだんだんと減少していきます。正視とよばれる屈折異常の無い眼の場合には、5m以上の遠方を見ているときにはその調節力はほとんど働いていないため近くを見る時だけに使っている。

 

遠視の場合ですと遠くを見ているときでも、本来は近くを見るときにしか使うことがない調整力を自動的に働かせてしまい遠視を補正しようとする働きがあります。そのため常に眼内の筋肉を働かせている状態になってしまうため眼精疲労の原因となってしまいます。そして遠視の人は肩こりや頭痛、また光のまぶしさを訴えることが多いようです。屈折の補正は、調節力を働かせない状態で遠方が明視することができる度数の凸レンズでおこなわれることになっており、一般的には眼鏡やコンタクトレンズを使用しています。

 

遠視の眼は長期間、常に調節力を使っている状態にあった事が多いため調節することがくせになっていることから調整力を使用していない状態になりにくいのです。そのため、遠視が潜伏しやすくなってしまい測定に注意が必要となることが多いようです。眼の調節力を働かせていない状態にするためには確実に強すぎる凸レンズをテストフレームに入れてから装用してみて視力0.1程度の近視の状態にしてしばらく目を休めてから測定する方法などを用います。