小児の遠視

小児の遠視

生まれつき小児のおおくは遠視であることが普通のようです。それは特別に遠視であるわけではなくむしろ遠視であることのほうが正常といってもよいそうです。小児は成長するにつれて遠視が弱くなっていき正視(屈折異常のない状態)になったり、正視を通り越して近視になってしまう場合もあります。

 

ただ、遠視の程度というものは問題のようです。小児は豊富な調節力をもっていることが一般的ですが、その調整力をもっていても補正することが難しい強度遠視の場合には眼鏡などをつかって遠視を補正しないで放置してしまうと弱視になってしまう場合もあるそうです。弱視になってしまうと眼鏡やコンタクトを使っても視力が上がりにくくなってしまいます。このことは、はっきりとした像を見ないまま成長することから脳の見る能力がきちんと発育しないためだからだそうです。

 

両眼で視力が出ていたとしても片眼のみが強度遠視になってしまっていて視力が出るもう片眼のみで見ている場合もあるそうです。このような場合であっても小児自身にとっては生まれつきそのような状態のままなので親などに異常を訴えない場合も多いそうです。

 

目を調節する力を最大に働かせると遠くを明視できるような場合の遠視であっても眼は、調節と眼球を内側に回旋させる動きがつねに連動して起こる仕組みになっているので調節力を働かせると一緒に両方の目線が内側に寄りすぎてしまい両眼で一緒に同じ物を見ることができないこともあります。このような場合にも、両眼視機能の発達に影響が出てしまい距離や奥行きの感覚が鈍くなってしまうのです。