遠視の矯正について

遠視の矯正について

レーシック症例は、一般的によく知られているのは近視のほうが多いようです。またレーシックの事を知っているという方は近視のケースの場合が多くて視力が悪くなってしまったといわれてまずはじめに思うのは近視になってしまったということかもしれません。そのような理由から、レーシックの遠視治療よりもレーシックの近視治療の割合のほうが多いようです。レーシック手術イコール遠視治療とは直接には結びつかないようです。

 

レーシック治療をおこなうときには乱視や遠視なども矯正することは可能ですが、老眼の場合だけはレーシックでの治療をおこなうことは出来ないようです。その理由としてあげられるのは老眼の場合はピントを合わせる為の水晶体が老化してしまったために起こるものなのでレーシック手術では解決出来ないようです。

 

レーシックの遠視治療は、レーシック手術でつかわれる「エキシマレーザー」のパターンを変えて照射することによって遠視を矯正することが可能です。乱視の方の場合でも、この方法をもちいれば眼鏡やコンタクトで矯正することが可能な範囲の乱視であればレーシック手術でも十分に矯正することが可能です。しかし、どのような遠視でもレーシックで遠視矯正が出来るわけではないようです。遠視の場合ですと5D程度で、乱視の場合は6D程度が目安のようです。レーシックでの矯正を考えているのであれば、一度きちんと診察を受けてみて正確な遠視の範囲を知ることが大切です。