子供の遠視について

子供の遠視について

子供の遠視とは、あなたはご存知でしょうか?以外にしらないという人もいるかもしれませんね。子供の遠視についてご紹介したいとおもいます。子供の遠視は、ほとんどのケースが目が整調不足だったことが原因となり遠視になるといわれています。子供の遠視の原因は、詳しくいうと次のようなとおりになっています。

 

子供は目の奥行きがとても短いことから角膜や水晶体が屈折して光が結像するという段階の前に網膜に伝わってしまいます。そのためピンボケの状態になってしまい子供は遠視でみえている状態になるといわれています。子供の目というのはまだまだ成長の途中なので 目の長さが十分に伸びていないことが原因となっています。

 

そのため、子供の遠視というのはそれほど珍しいということのようです。そして子供の遠視が異常ということもないといわれています。しかし子供の遠視が弱視や斜視というような目の異常の原因になってしまうことがあります。そのため注意しなければいけないといわれています。子供の遠視を見分けるためには親がお子さんを観察してみることも大切です。