遠視新着情報&ニュース

遠視新着情報&ニュース

子供の遠視について

子供の遠視とは、あなたはご存知でしょうか?以外にしらないという人もいるかもしれませんね。子供の遠視についてご紹介したいとおもいます。子供の遠視は、ほとんどのケースが目が整調不足だったことが原因となり遠視になるといわれています。子供の遠視の原因は、詳しくいうと次のようなとおりになっています。子供は目の奥行きがとても短いことから角膜や水晶体が屈折して光が結像するという段階の前に網膜に伝わってしまいます...

続きを読む
遠視の矯正について

レーシック症例は、一般的によく知られているのは近視のほうが多いようです。またレーシックの事を知っているという方は近視のケースの場合が多くて視力が悪くなってしまったといわれてまずはじめに思うのは近視になってしまったということかもしれません。そのような理由から、レーシックの遠視治療よりもレーシックの近視治療の割合のほうが多いようです。レーシック手術イコール遠視治療とは直接には結びつかないようです。レー...

続きを読む
遠視の矯正について2

子供でも遠視になっていることが意外と多いようです。親は、どうにかして子供の遠視を治してあげたいと思っている方も多いみたいですね。そもそも子供の遠視というのは成長するにつれてだんだんと改善されていくといわれています。しかし、まれに強度の遠視になってしまうというお子さんもいるみたいです。遠視という状態は物に対する距離に関係がなくて焦点が合っていない状態のことをいいます。遠視は遺伝が多いとされていますが...

続きを読む
小児の遠視

生まれつき小児のおおくは遠視であることが普通のようです。それは特別に遠視であるわけではなくむしろ遠視であることのほうが正常といってもよいそうです。小児は成長するにつれて遠視が弱くなっていき正視(屈折異常のない状態)になったり、正視を通り越して近視になってしまう場合もあります。ただ、遠視の程度というものは問題のようです。小児は豊富な調節力をもっていることが一般的ですが、その調整力をもっていても補正す...

続きを読む
遠視について

眼は近くのものを見るために網膜上に正しく焦点をあわせます。そのため眼の中の筋肉を働かせて水晶体の屈折を強くするための機能をもっています。この働きを「調節力」といい調節力は小児の時に最大に持っていてそれ以降は加齢がすすむにつれてだんだんと減少していきます。正視とよばれる屈折異常の無い眼の場合には、5m以上の遠方を見ているときにはその調節力はほとんど働いていないため近くを見る時だけに使っている。遠視の...

続きを読む
遠視の症状

老人性遠視の場合は、加齢にともなって調整力が低下していくことがあげられます。加齢により遠視の度が吸収しきることができなくなって遠視が顕在化していってしまうのです。近視の場合は、その症状は比較的単純ともいえます。それは近視の度数に比例して視力がおちていきます。その視力が落ちた状態をカバーするためにメガネやコンタクトレンズなどをつかって一般的には補正していきます。強度の近視の場合は網膜はく離の危険性を...

続きを読む
遠視と近視

近視になる原因は遺伝のせいや姿勢を悪くしてしまったためだとか色々といわれているようです。ほかにも食生活や、外傷他の病気による誘因なども考えられているそうですが、厳密には近視の原因はハッキリとは解っていないそうです。遺伝と姿勢は考えられている原因の主な2つですが同じ近視でも、主な原因が遺伝なのか姿勢なのかによって症状に違いはあります。近視の反対は遠視なのでしょうか。遠くの物を見る事が得意と思われがち...

続きを読む
アキュビューの遠視用コンタクトレンズ

ジョンソンアンドジョンソンのワンデーアキュビューはコンタクトレンズのメーカーの中でもとても有名どころですよね。ワンデーアキュビューのコンタクトレンズを使っているかたも多いのではないでしょうか。ワンデーにも遠視用のコンタクトレンズはあります。「ワンデー アキュビュー」、「ワンデー アキュビュー ディファイン」、「アキュビュー オアシス」、「アキュビュー アドバンス」、「2ウィーク アキュビュー」、「...

続きを読む
遠視用のコンタクトレンズ

視力矯正をおこなうためにはコンタクトレンズを使用する方法もありますよね。でも、コンタクトレンズはあまり小さな子どもにはお勧めできません。成長が落ち着いてきた高校生くらいからでしたらきちんと使用方法を守れば問題はないでしょう。遠視用のコンタクトにはハードタイプとソフトタイプがあります。最近では使い捨てのコンタクトもあるためとても便利ですよね。最近のコンタクトレンズは装用感も優れていますのでつけていて...

続きを読む
遠視とレーシック

コンタクトをつかっている方たちはほとんどの方が近視なので遠視の方にはなじみがうすいかもしれませんね。でも、レーシックでは近視や乱視だけではなくて遠視も矯正することができます。遠視は、近視とは逆の症状で眼のレンズ(角膜と水晶体)によるピント合わせが網膜を通り過ぎた位置になっている状態のことなのです。このときに眼の前後長(眼軸)が短くなっているためこのような状態も近視とは逆になっています。レーシックの...

続きを読む
遠視とめがね

遠視眼とメガネについてご紹介したいとおもいます。よく遠視と老眼を混同されている方も多いようですが実は加齢によって老眼になり始めてしまったことを「遠視になってしまった」というようにいうかたがいるようなのです。このことは老眼というように「老」の字が付く言葉が自体にあまり良いイメージがないことも背景にあるようですが遠視と老眼は全くの別だということなのです。これと同様に老眼鏡を「近視用」と言わている方も多...

続きを読む
眼の病気

眼の病気には近視や遠視、乱視などもふくまれます。近視や遠視、乱視などを矯正させるためには視力回復のトレーニングをおこなったり、めがねやコンタクトレンズなどを使用したりすることが一般的だとおもいます。眼は光を屈折させるレンズの役割をする組織で構成されていますがなかでも角膜と水晶体は光を屈折させる力がとても大きい組織といえます。また、水晶体の周りの筋肉の部分は水晶体の屈折力を状況に応じて変化させる役割...

続きを読む
室内で利用するめがね

メガネを愛用しているかたも多いとおもいます。そんなあなたは普段は、どこで過ごすことが多いですか? 自宅で過ごすことの多いミセスの方もいるでしょうし、オフィスで一日の大半をすごすというかたも多いでしょう。現代人は室内で生活している人が多いそうです。都市で生活しているかたたちは、近視の方が多いといわれています。それでは近距離から中距離のなかでの目を使う作業例をみてみましょう。近距離ですることはたとえば...

続きを読む
PENTAX 中近レンズ160Pafina(パフィーナ)の設計

室内メガネを快適につかうためにはどのようなものがあるのでしょうか。PENTAX 中近レンズ160Pafina(パフィーナ)の設計についてご紹介していきたいと思います。室内を広く見わたせるということがポイントとなるのですが、遠近両用メガネの見え方としては一般的に遠近両用レンズでは、近くから遠くは見渡すことができますが、左右の視界がぼけやすくて視野が狭くなりがちです。160Pafinaの工夫としては、...

続きを読む
子供の遠視とは

子どもの目の場合、視る機能が発達の途上のためまだまだ未熟といえます。そのため、この時期に視る機能を障害するような要因があると、発達が妨げられてしまうこともあります。その要因の代表的なものの中に遠視があります。遠視を早期に発見してあげて適切な管理を行うことが必要となってきます。けれども、眼科医の説明が不十分であったり、両親をはじめとして家族が正しく理解できなけば治療を速やかに進められないこともありま...

続きを読む
弱視について

弱視は治るのか、気になりますよね。どうも7〜8歳までに訓練すれば治るようですよ。眼球から視神経、視中枢までの機能に異常がないといわれている視力未発達の弱視の場合は、視力の発達期である7〜8歳までに訓練をおこなえばほとんどが治るそうです。それまでぼやけた映像の刺激しかないため発達することができなかった視力を、メガネでピントの合った映像を見続けることによって発達させることができます。それではいったい弱...

続きを読む
弱視は治るのか?

弱視の視力ってどれくらいあるのでしょうか?視力だけでは判断することはできませんが、矯正視力が3歳で0.3以下で、4歳で0.5以下、6〜7歳で1.0以下の場合には視力未発達の弱視の疑いがあります。また、矯正視力で左右の差が大きいような場合にも弱視の可能性があります。弱視が治ればメガネをはずすことができるのでしょうか。弱視の訓練は矯正視力を上げることが目的です。弱視の場合には、メガネをかけても初めのこ...

続きを読む
不同視弱視の訓練方法

不同視弱視の訓練方法とはどういったものなのでしょうか。それは良い方の目を隠して悪い方の目を使うようにします。良い方の目だけ使って、視力の弱い方の目を使わないため弱視になっているので、アイパッチなどで良い方の目を隠してあげて、強制的に悪い方の目を使わせていきます。それまで見えていた世界よりもぼやけた世界になるため、子どもにとっては大変だとおもいますが、子どもの好きな遊びで楽しく過ごさせる工夫をすれば...

続きを読む
視力とアイパッチ

メガネをかけると視力が落ちるのではないのかと思うかたもいますよね。けれども、正しいメガネをかければ、視力は落ちることはないそうです。近視は、成長と一緒に眼球が大きくなっていくためメガネをかけてもかけなくても進んでしまいます。しかし逆に遠視の場合は、メガネをかけていたとしても成長と一緒に弱くなってしまいます。正しいメガネをかけていることによってメガネが原因となり視力が落ちるということはないようです。...

続きを読む
弱視と遠視

遠視というものは遠くが見えて近くが見えないのではと思われているかたも多いとおもいます。実は遠くも近くも見えないのが遠視なのです。眼球が小さいなどの理由から、焦点が眼球の外側にあるのが遠視なのですが、遠くも近くも焦点が外側にあるため、ピントを合わせることができません。近視は近い物には焦点が合うため弱視になることはほとんどありませんが、遠視の場合は全てに焦点が合わないためぼやけた物しか見ることができま...

続きを読む
遠視の原因

遠視の原因についてご紹介したいとおもいます。遠視とは、目の屈折異常から平常時に網膜の後方でピントがあうといった状態のことです。遠視は近視の逆だから「遠くがよく見える」というように思われがちですが、強度の遠視の場合には遠くも近くも見えない状態になってしまいます。度合いが中程度の遠視の場合は遠くは見えて近くは見えない状態になってしまいます。また軽度の遠視では遠くも近くも見えるのですが、常に調整力を働か...

続きを読む
遠視の診断方法

目には焦点距離というものがあります。人の目にはカメラやビデオ装置と同じような、それぞれ固有 焦点距離が決まっています。また機械などで測定することができます。この焦点距離が前方10mや20mであれば遠くのものにピントがあうことになっています。この焦点距離が1mとか50cmのかたも中にはいます。この場合には、遠くの物体にはピンをが合わせることができません。近くのものは見えますが遠くのものはピンぼけとい...

続きを読む
遠視の診断方法について

目の調節力が強過ぎてしまい困ってしまうこともあります。調節機能というものは年とともに衰えてきてしまいますので老眼の発生原因となります。一方で子供の場合は、調節力が旺盛すぎて屈折検査のデ−タが攪乱してしまう一因となることもあります。つまり、遠視のはずが、検査をする時に調節力を働かせてしまうので正視とでてしまうことがあったり、場合によっては近視とでたりすることがあります。これは調節緊張というものなので...

続きを読む
遠視用メガネ

遠視を矯正するためには専用のメガネが不可欠だとおもいます。遠視の状態になると物を見るときに常にピントを合わせていないといけないため、いつも緊張している状態になっています。その結果として眼精疲労から肉体の疲労、そして頭痛などが起こってしまい集中力が欠けたりしてしまうことになってしまうのです。そのような疲労を防ぐためにも遠視用メガネが必要になってきます。遠視用メガネをかけていれば疲れにくくなりますし、...

続きを読む
遠視とは、一体どのようなもの?

遠視とは、一体どのようなものなのでしょうか。遠視は近いところを見るにも遠いところを見るにもとても眼の調節を必要としていることがわかってします。調節を必要とするため、遠視以外のひととくらべてみると眼がとても疲れやすい状態になってしまいがちです。遠視は近視と比べてみると、イメージ的に遠くが見やすい状態だととらわれがちです。しかし、そうではないのです。眼というものは本来、近くのものを見るときだけ調節を必...

続きを読む
遠視の治療について

遠視の治療についてご紹介したいとおもいます。遠視の治療ではその症状や度数にあった遠視用のメガネをかけることが一般的だとおもいます。子供がメガネをかけている姿をみるとなんだかかわいそうなきもしますよね。しかし、これは治療の一環です。そしてお薬を飲むことと同じです。早めにメガネで矯正をしてあげて正しい治療していったほうがよいでしょう。そのほうが、子供が成長するとともに遠視の状態が良くなる可能性も高いの...

続きを読む
遠視の視力矯正にはコンタクトレンズ

遠視の視力矯正をおこなうためにはコンタクトレンズを使用するといった方法があります。コンタクトレンズは、あまり小さな子どもにはお勧めすることがでいないアイテムです。しかし、成長が落ち着いてくる高校生あたりの年齢からであればコンタクトレンズを使っても問題はないでしょう。遠視用のコンタクトにはハードタイプとソフトタイプのものがあります。今では、コンタクトレンズも使い捨てのコンタクトレンズがありますのでと...

続きを読む
遠視の矯正には眼鏡を活用

遠視を矯正するためにはメガネは必要不可欠なアイテムだとおもいます。遠視の場合は、物を見るときに常にピントを合わせないといけないです。そのため、常に緊張している状態となっています。そのためが眼精疲労から肉体の疲労や頭痛などが起こりやすく集中力が欠けたりしてしまうのです。そのような疲労を防ぐためにも遠視用メガネが必要になってくると思います。遠視用メガネをかけていると実際に疲れにくくなるそうです。視力も...

続きを読む
遠視性乱視について

遠視性乱視とは、一体どういったものなのでしょうか。遠視性乱視とは遠視と乱視が混ざった症状のことを言います。しかし遠視性乱視の症状や程度、対応策などもそれぞれです。遠視性乱視の治療は、主に手術かメガネでおこなう矯正になります。遠視性乱視の症状が子供の時期に出たのであれば、弱視になることを防ぐために早めのトレーニングをはじめなければなりません。大人になるにつれて成長も止まっていきます。そのため、レーシ...

続きを読む
遠視と弱視について

子供の遠視を、長い間気づかないままにして放っておいてしまうと弱視になってしまうことがあります。赤ちゃんのときは誰でも遠視の状態となっています。成長するにつれて自然に治っていくものなのですが、遺伝や環境などによっては遠視のままの状態のお子さんがいることも事実です。本人は子供なのでそれが異常なことだとは気づいていないことが多いそうです。そのため発見が遅れがちなことが現状だといえます。遠視の場合は、遠く...

続きを読む
遠視と弱視の鍵

遠視はメガネをかけることによって弱視にまでなることを防ぐことが出来るということになると思います。遠視から弱視になってしまえばメガネをかけても物が見えない状態になってしまったり、物がぼやけてしまうというような状態になってしまいます。脳までの伝達回路が発達していないことにより、像が認識できていない状態になってしまいます。たとえば、矯正をしたとしても4歳で0.5程度、また5歳から7歳で1.0以下の視力で...

続きを読む
遠視と老眼

遠視と老眼の場合、どちらも凸レンズの眼鏡を使っているため実は混同されがちです。しかし遠視と老眼はそもそもの原因が違います。ものが見えるしくみや目に入ってきた光は角膜、続いて水晶体と呼ばれるカメラのレンズの役割を果たしている場所を通って屈折されます。そして眼球の奥にある網膜に到達します。網膜でピントがあうように水晶体の厚さを調節していきます。屈折異常とは、目の屈折状態は眼軸の長さとレンズである角膜・...

続きを読む
視力と遠視

視力がよいと遠視なのでしょうか?遠視は遠いところを見るときはもちろんですが、近いところを見るときにも調節をしないとはっきりとは見えないそうです。そのため遠視とは、遠くがよく見える状態ではないということになります。遠くがよく見える目は正視だとされています。遠視チェックをしてみましょう。たとえば飽きっぽいことはありませんか?また、目が疲れやすかったり、落ち着きがなかったり、見にくそうにしていることはあ...

続きを読む
内斜視について

内斜視という言葉をあなたはご存知でしょうか。強度の遠視になってしまうと、はっきりと見るために余分な調節が必要となってしまいます。そのため、目が寄ってきてしまい内斜視になってしまいます。次に弱視という言葉について聞いたことがありますか?強度の遠視になってしまうと、調節の努力をしてもピントが合いにくくなってしまいます。小児の場合には、この状態のまま、矯正しないでおくと視力の発達が止まってしまい弱視にな...

続きを読む
老眼と遠視

老眼になってしまうと近くのものなどが見えにくくなってしまいます。また無理をしていると、次のような症状が現れてきてしまいます。まずは肩こりの症状です。それか目の疲れや頭痛、そして吐き気などです。このような症状があてはまる人は眼科の先生に一度みてもらうとよいでしょう。近視の人は老眼にならないのか?というような疑問がわくかもしれませんが一般にいうと近視の人は老眼になるのが遅いとされています。そして、遠視...

続きを読む
子供の遠視の症状について

子供の遠視の症状についてご紹介したいと思います。子供の遠視の場合、本人がなかなか異常を訴えたりしません。そのため、眼科にいって子供の遠視が見つかるということはないといわれています。子供はこれが自分にとって当たり前の見方だと思っています。そうなってくると子供の遠視に気がつくのは親だけしかいません。例えばにらめっこしてみましょう。その時に、目が内側によっていたりしませんか?また、本やテレビを見るときの...

続きを読む
子供の遠視の対処

子供の遠視の対処はどのようにしたらよいのでしょうか。子供の遠視の対処法については次のとおりになります。もしも、子供の遠視が見つかったときには、眼科ではめがねをつけることをすすめられると思います。めがねをつけて矯正していくことがまず第一段階です。子供の遠視の治療はめがねをかけるのが必要となります。めがねをつけるということは、避けて通れないといわれています。そのため、子供の遠視の第一段階の治療方法とし...

続きを読む
レーシックで近視や遠視の治療

レーシックで近視や遠視、乱視などを治療したり、矯正させることができるようです。あなたはご存知ですか?近視や遠視、乱視などを矯正したり、治療する。また、視力を回復させるといったレーシック手術が日本でもかなり浸透しはじめてきました。2007年には日本で約20万人の方が受けられております。今後では、ますます、たくさんの方が受けると予想されている「近視矯正(視力回復)手術=レーシック」です。品川近視クリニ...

続きを読む
遠視と屈折異常について

遠視と屈折異常についてご紹介したいと思います。近視と同じように、遠視は屈折異常の1つです。近視は近い物は見えやすくなってしまい、遠い物が見えにくいという症状になります。しかし、遠視の場合は、遠くは見えやすくなります。そして、近くの物が見えにくいという症状ではありません。遠視は、目の屈折力が弱いため、網膜上に正しくピントが結べない症状の事です。若いうちは、目の屈折力が強いため、遠距離が良く見えるそう...

続きを読む
子供の遠視とレーシックとはどういうもの?

子供の遠視とレーシックについてご紹介したいと思います。遠視は、子供に多い眼の病気だといわれています。遠視の子供を持つ親には、遠視の治療に悩んでいる方もたくさんいると思います。遠視は成長に伴って改善されていきます。しかし、遠視が強度の場合には、放置してしまうと弱視や斜視の原因になってしまいます。遠視の治療は、矯正トレーニングや眼鏡などがあります。その他にも「レーシック」や「イントラレーシック」などの...

続きを読む
幼児の遠視について

幼児の遠視についてご紹介します。多くの場合、3歳児検診のときに視力の低下が疑われることがありますので精密検査をおこない遠視だということが判明する場合が多いそうです。しかし、大変なのは弱い遠視や中程度のもので見逃されてしまうこともあります。近視と同じように遠視についても病気ではありません。遠視の場合は近くを見るときにピントが合わない状態となってしまいます。近くの物を見ることのほうが多い現代社会では、...

続きを読む
屈折性遠視と軸性遠視について

屈折性遠視と軸性遠視についてご紹介します。遠視とは、近視と逆に網膜よりも後ろにピントが合ってしまうという状態のことをいいます。そのため、網膜に映る像がピンボケしてしまうということになります。遠視とは遠くを見る時に光が網膜の後で焦点を合わせてしまう状態のことなのです。眼の屈折力が眼球の長さに対して弱いため網膜の上でピントがきちんと結べない状態のことを指しています。そして、目が屈折力を高めようとする努...

続きを読む
幼児期の遠視と目の機能について

幼児期の遠視と目の機能についてご紹介します。4、5歳位のこどもが眼鏡をかけているのを見かけることがよくありますよね。この位の年の幼児がかけている眼鏡はほとんどは乱視や近視で低下してしまった視力を良くする為のものではありません。視力を育てるための遠視の眼鏡になります。見た目には同じ眼鏡なのですが使う目的によってまったく違います。もしも、このように遠視である幼児がその為のメガネをかけないでいれば、十分...

続きを読む
遠視の屈折補正について

遠視の屈折補正についてご紹介します。眼は近くの物を見る時には、網膜上にきちんと焦点を合わせていきます。その為、目の中にある筋肉を働かせるのです。そして水晶体の屈折を強くするといった機能を持っています。そのことを調節力と呼んでいます。調節力は子供の時には豊富に持っています。そして年齢と共に徐々に減少していきます。正視の場合には、遠くの物を見ているときにはほとんど調節力が働いていません。近くの物を見る...

続きを読む
遠視の子供について

遠視の子供についてですが、子供に遠視がもしも見つかった場合には、まず医師は眼鏡を処方します。小さな子に眼鏡をかけてもらうということはかわいそうなことですが、子供の遠視はメガネによる矯正が不可欠なのです。まずは、網膜に正しい光を送り込みます。その上で斜視・両眼視機能検査をおこない必要であれば斜視の外科的手術・視能訓練などを行います。視能訓練とは、弱視を矯正するための立体視・融像などの両眼視機能の訓練...

続きを読む
遠視はどんなもの?

遠視は、網膜を通り越してピントを結んでしまう状態のことを言います。遠視の場合だと遠くの物が良く見えて、近くの物がぼやけて見えるというのは、実は、間違いなのです。遠視の眼は、遠くの物も近くの物も、ぼやけて見えてしまうのです。5メートル以上も遠くの物を見ているときには、私たちの目は水晶体の厚さを調整しないで見ています。しかし、このとき、遠視の眼は網膜の後ろにピントが合ってしまいますので、遠くがぼやけて...

続きを読む