遠視と近視と老眼

遠視と近視と老眼

遠視は、近視とは逆に、焦点が網膜より後にある状態のことを言います。従って、遠視の人は、遠くの物を見る場合でも、水晶体を厚く調節して、ピントを合わせる必要があります。正視の人は、焦点が網膜上にあるため、普通の状態で遠くの物が見えて、これが理想的な目です。遠視の目の人が近くの物を見る時は、水晶体をさらに厚くする必要があり、正視の人に比べ、非常に疲れやすい目である場合がほとんどです。

 

老眼には、焦点の位置は関係ありません、水晶体を調節する毛様体筋がおとろえた状態か、あるいは、水晶体自体の弾力性が少なくなってしまった状態のことを言います。加齢によって、毛様体の筋肉が衰えてしまい、水晶体を厚くする事が出来なくなると、ピントが近くに合わなくなります。近視の人の場合でも、老眼になります。近視の人が、メガネやコンタクトを付けた状態でも、近くの物が見えづらければ、立派な老眼なのです。

 

ただ、メガネを外せば、水晶体を厚くしなくてもピントが近くに合うのが近視なので、自分が老眼であると自覚出来ていない人も多いかもしれません。近視であり、老眼でもある人も、実はとても多いのです。遠近両用レンズというものがありますが、これは、近視で老眼である人のために、レンズの上の方が近視用、下の方は度数を下げ近くの物を見やすくしたレンズです。

 

近くの物を見る機会が多く、近視になるとすれば、近視の人の場合は、毛様体が鍛えられて老眼になりづらそうに思えますが、実際にはなってしまいます。近視は、眼球が変化することによって、毛様体が鍛えられ過ぎて、近視になるというわけではありません。