遠視と老眼の違い

遠視と老眼の違い

●遠視と眼鏡

 

遠視が軽度の場合、視力測定で1.0〜1.5という良好な視力が出るので、ほとんどの人が、自分では眼が良いと思っています。しかし、この1.0〜1.5の視力とは、眼の中で調節という作業をした結果であり、眼の良い人と比べてみると、実は、眼の中では、余分な調節をしてしまっているということです。その余分な調節を、一日中行っているのですから、もちろん、眼精疲労など疲れの原因となります。

 

ですから、軽度遠視の人のかける眼鏡は、見えないものを見えるように、視界を良くする眼鏡ではなく、眼の疲れを取る眼鏡です。従って、一日中掛けていてほしい眼鏡というわけです。強度遠視の人の場合は、遠くも近くも見えにくくなってしまいますが、遠視の眼鏡をかけて遠視の矯正をすれば、十分な視力が得られ、目が疲れにくくなります。

 

 

●40歳前後の方と遠視

 

40歳前後になると、近くを見るのが最近つらくなった、老眼になったのだろうか?という方が増えてくると思います。症状的からすると、老視のようなのですが、まだ老視と言うには早すぎる年齢です。こういった方たちには、ほとんど、遠視が考えられます。ですから、遠視の矯正をするだけで、近くが楽に見えるようになります。この場合はもちろん、老眼鏡でなくて、一日中かけてほしい遠視の常用眼鏡です。

 

 

●内斜視と遠視矯正メガネ

 

遠視の度数が弱い場合には、眼位は正常ですが、子供さんに多い、強度の遠視の場合、調節に伴い、目を内に寄せる運動刺激が強くなり、眼が内側に寄る内斜視が起こります。これは、「調節性内斜視」というもので、遠視のメガネを常にかけることで、眼の位置も普通に戻ります。もしも、お子さんの眼に内斜視がある場合は、すぐに眼科で検査を受けることが大切です。