遠視の種類と老眼

遠視の種類と老眼

遠視とは、近視と反対に、光の焦点が網膜の後ろで結ばれてしまうため、ピントが合わなくなり、近くのものがぼやけて見えてしまうという屈折異常です。古代の人間は、ほとんどみんなが遠視であったといわれていて、現代でも、大草原や大海原で昔ながらの生活を続けている一部の部族でも、この影響が残っているそうです。しかし、現代の社会において、遠視になってしまうという環境は珍しいので、遠視の人の多くは、遺伝だと考えられています。

 

遠視の特徴としては、遠くはよく見えますが、近くがあまりよく見えないということです。遠視の場合、視力検査では視力に問題がないことが多いために、自分が遠視だということに気付いていない場合も多々あります。しかし、近くが見えないために、眼精疲労がひどく、疲れやすいです。

 

 

●遠視の種類
軸性遠視は、軸性近視の場合と同じで、水晶体や角膜による光の屈折に異常は無いのですが、眼軸が短いため網膜上で焦点を結ぶことができず、網膜の後ろに焦点が結ばれてしまうという状態です。屈折性遠視は、近視と逆で角膜・水晶体の屈折力が弱いため、網膜上で焦点をあわせることが出来ないので、網膜よりさらに奥にピントがあってしまう状態です。強度の遠視の場合近くだけではなく、遠くもよく見えなくなるので、注意が必要です。

 

 

●老眼とは?
遠視と同様で、老眼とは、近くの物が見えにくくなる症状のことを言います。しかし、老眼は、中年以後、誰にでも起こる生理的現象であり、病気ではありません。加齢に伴い、水晶体の弾力性が弱まることにより、調節力が十分に保てなくなった状態が老眼です。近視の人は、ピントがもとから手元にあるので、裸眼では老眼を自覚しづらく、遠視の人は若い年齢のときから、老眼症状を訴えることが多いです。