遠視と老眼

遠視と老眼

遠視の種類と老眼

遠視とは、近視と反対に、光の焦点が網膜の後ろで結ばれてしまうため、ピントが合わなくなり、近くのものがぼやけて見えてしまうという屈折異常です。古代の人間は、ほとんどみんなが遠視であったといわれていて、現代でも、大草原や大海原で昔ながらの生活を続けている一部の部族でも、この影響が残っているそうです。しかし、現代の社会において、遠視になってしまうという環境は珍しいので、遠視の人の多くは、遺伝だと考えられ...

続きを読む
遠視と老眼の違い

●遠視と眼鏡遠視が軽度の場合、視力測定で1.0〜1.5という良好な視力が出るので、ほとんどの人が、自分では眼が良いと思っています。しかし、この1.0〜1.5の視力とは、眼の中で調節という作業をした結果であり、眼の良い人と比べてみると、実は、眼の中では、余分な調節をしてしまっているということです。その余分な調節を、一日中行っているのですから、もちろん、眼精疲労など疲れの原因となります。ですから、軽度...

続きを読む
遠視と近視と老眼

遠視は、近視とは逆に、焦点が網膜より後にある状態のことを言います。従って、遠視の人は、遠くの物を見る場合でも、水晶体を厚く調節して、ピントを合わせる必要があります。正視の人は、焦点が網膜上にあるため、普通の状態で遠くの物が見えて、これが理想的な目です。遠視の目の人が近くの物を見る時は、水晶体をさらに厚くする必要があり、正視の人に比べ、非常に疲れやすい目である場合がほとんどです。老眼には、焦点の位置...

続きを読む
遠視と加齢による老眼

年をとった人の眼の調整力は、赤ちゃんに比べると、たった10分の1ほどだそうです。眼の加齢による老眼は、歳をとることによって、誰でも現れる症状なので、病気ではありません。外からの光がまっすぐ眼に届いて、水晶体と角膜で2回屈折して角膜にピントが合うのです。遠くから届いた光は真っ直ぐですが、近い距離から届く光は、平行ではないので、拡散しながら目まで届きます。眼は、このように、近い距離からの拡散する光に対...

続きを読む