小児の遠視

小児の遠視

小児の場合、遠視の方が、近視より頻度も問題も高いことを認識してください。では、どのような問題があるのでしょうか。論文によると、斜視や弱視の原因になりやすいということが問題であるということです。

 

しかし、遠視は、軽い場合、むしろ良い目として評価されており、成人の様に、眼精疲労が無いので発見されにくいことがあります。中度以上になると、目を細め、視力の低下や、目が真ん中に寄ってしまう内斜視などで判明することがあるので、このような視力障害や目の位置の異常の場合遠視を疑う必要があるのです。

 

論文の中に、遠視があると診断された場合、いくつ位迄に遠視の矯正をすれば、弱視の予防が出来るのかという質問に対しては、3歳〜6歳までにメガネを装着した場合の治療の効果は、この間であれば、年齢に関係なく、治療が良好とのことで、遅くても、6歳迄には弱視を発見し眼鏡をかけるよう強調されていました。この相談の場合、3歳なので、安心して眼科の医師による指示に従えば良いでしょう。

 

また、斜視は、メガネをかけることで、遠視の屈折異常の矯正がされることによって、眼位の異常も矯正されるので、安心して下さい。臨床上で問題になってくる親の訴えとしては、「眼鏡をかけたくない」、「治ったと言われたが少しも治ってない」、「水に入る時などメガネをはずすと内斜視になる」、「いつになればメガネをはずせるのか知りたい」などが、論文の中では指摘されていました。

 

論文では、この親の訴えに対して、「遠視は、成長にともなって軽くなっていく傾向があるので、遠視が軽度になればメガネをかけなくても内斜視にはならない事」を理解して貰うことが大事であると強調されていました。