幼児の遠視

幼児の遠視

多くの場合、3歳児検診で、視力の低下が疑われ、精密検査をして、遠視だということが判明するという場合が多いようです。注意すべきなのは、弱い遠視や中程度のものです。これらは、見逃されてしまう場合があります。近視と同様に、遠視も病気ではありません。遠視によって、近くを見るときにピントが合わない状態は、近くの物を見ることが多い現代社会で、子どもの眼に対して、とても負担をかけることです。

 

強度の遠視の子はもちろん、3歳児検診のときには発見されなかった弱い遠視の子にとっても、緊張して近くを見続けることは、眼が疲れるだけではなく、集中力が低下して、落ち着きのなさにも繋がります。また、さらに恐ろしいことは、弱視の原因になってしまうこともあるということです。従って、眼鏡による矯正が必要かどうかを、医師にきちんと診断してもらう必要があります。遠視は、近視とは違って、成長に従い、弱くなってくることが多いのも特徴です。

 

幼児期の遠視をみつけるために重要な3歳児検診ですが、多くの自治体では、家庭での簡単み出来る視力検査をするように指示されます。日頃、子どもの眼について気になることがないときでも、必ず、指示通り検査を行ってください。ここで視力低下が見逃されてしまうと、次の公的検査である就学時検診まで、3年もあります。遠視は、早期発見の後、適切に矯正することが、幼児の眼の発達にとても大切です。ですから、ここで異常に気づくことがとても重要です。

 

もちろん、検診でなくても、普段子供の様子を観察していて、近くの作業を嫌がる、近くを見るときでも目を細めるなど、少しでもおかしいなと思ったときは、是非、早めに眼科医に相談するようにしてください。