赤ちゃんの遠視

赤ちゃんの遠視

生後間もない赤ちゃんというのは、ほぼ遠視であるため、近くで物を見せても、焦点を上手に合わせることが出来ません。赤ちゃんの眼球は、少し小さいということ以外、ほとんど成人と同じ位完成しています。これは、脳へ、網膜からの信号を伝えて映像にするという仕組みが育っていないからです。

 

赤ちゃんの眼が見えるようになる仕組みは、実際に物を見て、脳へ網膜からの刺激が加わることによって成長します。それは、生後3歳前位までの間に、急速に成長します。何らかの原因があり、それまで視力の発育がない場合は、その後、治療したとしても、あまり良い視力は育ちません。

 

目が遠視の赤ちゃんは、弱視になりやすいと言われています。それは、遠視の眼は網膜の後ろにピントが合うため、酷くなると、近くも遠くもよく見えなくなります。そのことから、その眼を使わなくなり、機能が成長しないことにつながります。近くはよく見えているのですが、遠くが見にくいのが近視です。そして、物の輪郭がぼやけて見え、二重になって見えるのが乱視です。

 

どの症状も、メガネでの矯正をします。ただし、近視の場合、近くの物には焦点が合うため、視力が発達するのには悪い影響を及ぼさないといわれています。生活において支障がない限りは眼鏡をかけている必要はありません。

 

予防としては、ゲームをするときや、テレビを見るときは、画面から出来るだけ離れて、電気の光の十分ある、明るい部屋でするようにしましょう。また、ときどき遠くの緑や山などの景色を見るのもよいでしょう。乱視や遠視は、放っておくと、斜視や弱視の原因にもなりますので、早めの矯正が大切です。