子供の遠視とレーシック

子供の遠視とレーシック

遠視は、子供に多い眼の病気として、遠視の子供を持つ親には、遠視の治療に悩んでいる方も大勢いらっしゃいます。遠視は、成長に伴い改善されるのですが、遠視が強度の場合、放置してしまうと、弱視や斜視の原因になります。遠視の治療は、矯正トレーニングや眼鏡などの他に、「レーシック」や「イントラレーシック」などの手術でも、裸眼の視力を治療することが出来るようになりました。

 

遠視については、遠くの物が良く見えて、近くの物が見えないなど、誤解している場合が多いのです。遠視は、遠い近いに関係はなく、焦点が合っていない状態のことをいいます。遠視は、幼児に多いですが、成長に伴い、徐々に改善されるか、近視の方になっていきます。遠視は、遺伝的要素が強いのですが、個人差が激しく、遠視が強い場合は、「イントラレーシック」など、手術を含める治療が必要となります。

 

遠視治療として、「レーシック」という矯正手術が、近年では注目を集めています。「レーシック手術」は、普通のレーシック手術と、イントラレーシック手術の2種類に分けられています。イントラレーシックとレーシックの違いは、レーシックは角膜を切開するときに金属製の刃を使うのに対して、イントラレーシックの場合は、レーザーを使うことです。

 

イントラレーシック手術は、レーシック手術において、大きい関門の角膜切開を、レーザーにより行い、施術の精度を上げる事により成果をあげています。さらに、細部を改良することにより、精度を高め、簡便で短時間ですむ手術が可能となり、遠視治療の福音になることが期待されています。