子供の遠視の矯正

子供の遠視の矯正

多くの子供は、生まれつき遠視であることが普通です。決して特別なことではありません。むしろ、遠視であることの方が正常と言ってもよく、成長していくにつれ、遠視が弱くなって、正視になり、近視になってしまうことの方が多いのです。

 

ただ、遠視の程度が問題です。子供は、豊富な調節力があります。しかし、それでも補正出来ない程に強度な遠視の場合、メガネをかけず、この遠視を補正しないで放置してしまうと、弱視の原因となってしまう場合があります。弱視になると、メガネやコンタクトを使用しても、効果が出にくくなります。これは、しっかりとした像を見ないままに成長してしまうので、脳の見るという能力が正しく発育しないことによります。

 

両方の眼で視力があっても、片方の眼のみが強度の遠視で、視力が出るもう片方の眼のみで見ている場合があります。このような場合でも、子供自身にしてみれば、生まれつきその状態だったので、異常を訴えない場合も多いです。

 

調節力を最大に働かせることにより、遠くの物を明視出来る位の遠視でも、目は調節と眼球を内側に回す動きが連動して起こるため、調節力を働かせるのと共に両方の目が内側に寄りすぎてしまい、両方の眼で同時に1つの物を見ることが出来ない場合があります。

 

この場合も、両眼視機能の成長に影響が出てしまい、立体的な奥行きや距離の感覚が鈍くなってしまいます。遠視が問題になってしまうほどに強度の子供は、調節力を常に大きく使う必要があるので、物を集中して見ることが難しくなってしまいます。