子供の遠視と弱視

子供の遠視と弱視

近視・遠視・乱視というと、それだけで、子どもの目に異常があると考えるお父さん、お母さんは多いです。しかし、これらは、眼の異常ではありません。生理的なことの範囲であると考えられます。したがって、あまり深く考えることはありません。ただ、遠視は、脳や目の発達の邪魔するため、子供の目では、近視もですが、遠視にも、さらなる注意が必要です。

 

というのも、近視の場合、遠くの物はよく見えませんが、近くがよく見えるので、凹レンズの眼鏡をかければ、すぐに必要な視力を得ることができるのです。しかし、遠視の場合は、遠くの物も近くの物も、網膜に像をきちんと結ばないため、そのままにすると、脳にしっかりと信号が伝わらなくなってしまいます。そして、脳の中にある、見た物を分析してくれる部分が、十分発達しなくなることがあります。

 

その結果、弱視や斜視になる危険性もあります。弱視は、とてもやっかいなトラブルです。眼鏡をかけていても、視力は良くなりません。 三歳の子供が、目にケガをして、数週間のあいだ眼帯をしていただけで、その目が弱視になっていまい、見る力が失われていたという例もあります。

 

子どもの目は、とてもデリケートなのです。 子供の目の健康を守るためにも、正しい知識を持つことが重要です。 お父さんやお母さんには、子供の目は、大人のような完成された目ではないので、発達段階にあり、非常にナイーブなものであるということを覚えておいて欲しいと思います。様々な環境、精神的なものによる影響も受けやすいのが、子供の目なのです。