子供の成長と遠視

子供の成長と遠視

子供の遠視は、ほとんど場合、その原因は眼の成長不足と言われています。これは、具体的には、眼の奥行きが短く、角膜と水晶体で屈折した光が、結像前に、網膜まで届いてしまったため、ピンぼけになってしまうという状態です。発育途中の子供の眼は、眼球の長さが十分ではありません。従って、子供の遠視は、めずらしいものではありません。異常ではありませんが、弱視・斜視の原因になるので、注意が必要です。

 

生まれたばかりの人間は、視力がほとんど無く、明るさがわかる程度です。しかし、網膜にピントが合った正しい光が何度も届くことにより、網膜は、視細胞として成長し、視力が発達するというしくみです。遠視がある場合、正しい像が網膜上で結ばれず、網膜の視細胞としての発達が未熟になってしまいます。近視の場合は、遠くの物体にピントが合わない状態です。しかし、近くにはピントが合うので、弱視はあまり発生しないと言えます。

 

また、遠視がある場合は、調節する力を働かせ、網膜上で正しい像を結ぼうとします。本来、調節は、近い場所を見る時にピントを合わせるために働く力ですが、遠視の場合、遠くを見る際にも使わないと明視出来ないというわけです。この調節と、眼を内側に回旋させている輻輳という力は、互いに関係しあっており、調節が起きると、眼を内側に向ける力が働きます。

 

そのため、遠視がある場合、余計に調節を強いられます。そのため、輻輳も余計に働くので、結果的に、眼が内側を向いてしまうことになります。調節・輻輳のバランスがとれず、常に、眼が内側を向いている状態もよく起こります。 どちらの場合でも、斜視があると、左右の眼が協調し、働くことができないことから、遠近感・立体感という両眼視機能が得られないことになります。