子供と遠視

子供と遠視

子供の遠視

子供に遠視が見つかった時は、まず、医師は、眼鏡を処方すると思います。小さな子に眼鏡をかけてもらうのは、かわいそうなことですが、子供の遠視は、メガネによる矯正が不可欠なのです。まずは、網膜に正しい光を送り込んで、その上で、斜視・両眼視機能検査をして、必要であれば、斜視の外科的手術・視能訓練などを行います。視能訓練とは、弱視を矯正する、立体視・融像など両眼視機能の訓練です。視能訓練士という専門の資格を...

続きを読む
子供の成長と遠視

子供の遠視は、ほとんど場合、その原因は眼の成長不足と言われています。これは、具体的には、眼の奥行きが短く、角膜と水晶体で屈折した光が、結像前に、網膜まで届いてしまったため、ピンぼけになってしまうという状態です。発育途中の子供の眼は、眼球の長さが十分ではありません。従って、子供の遠視は、めずらしいものではありません。異常ではありませんが、弱視・斜視の原因になるので、注意が必要です。生まれたばかりの人...

続きを読む
子供の遠視と弱視

近視・遠視・乱視というと、それだけで、子どもの目に異常があると考えるお父さん、お母さんは多いです。しかし、これらは、眼の異常ではありません。生理的なことの範囲であると考えられます。したがって、あまり深く考えることはありません。ただ、遠視は、脳や目の発達の邪魔するため、子供の目では、近視もですが、遠視にも、さらなる注意が必要です。というのも、近視の場合、遠くの物はよく見えませんが、近くがよく見えるの...

続きを読む
子供の遠視の対処法

3歳児検診では、視力検査が行なわれます。この検診で、遠視、乱視、視力に異常が認められた場合、メガネやコンタクトレンズでの矯正が必要になってきます。●症状顔を斜めにしてみる、転び易い、眼つきがおかしい、動作や目つきがおかしいなどです。●原因近視は、目に入ってきた光が、網膜の手前に像を結んでしまい、近くはよく見えますが、遠くはぼやけて見えます。遠視は、光が網膜よりも後ろに像を結んでしまったので、遠くも...

続きを読む
子供の遠視の矯正

多くの子供は、生まれつき遠視であることが普通です。決して特別なことではありません。むしろ、遠視であることの方が正常と言ってもよく、成長していくにつれ、遠視が弱くなって、正視になり、近視になってしまうことの方が多いのです。ただ、遠視の程度が問題です。子供は、豊富な調節力があります。しかし、それでも補正出来ない程に強度な遠視の場合、メガネをかけず、この遠視を補正しないで放置してしまうと、弱視の原因とな...

続きを読む
子供の遠視とレーシック

遠視は、子供に多い眼の病気として、遠視の子供を持つ親には、遠視の治療に悩んでいる方も大勢いらっしゃいます。遠視は、成長に伴い改善されるのですが、遠視が強度の場合、放置してしまうと、弱視や斜視の原因になります。遠視の治療は、矯正トレーニングや眼鏡などの他に、「レーシック」や「イントラレーシック」などの手術でも、裸眼の視力を治療することが出来るようになりました。遠視については、遠くの物が良く見えて、近...

続きを読む
幼児期の遠視と目の機能

4、5歳位の幼児が眼鏡をかけているのを見かけることがよくあります。この位の幼児がかけている眼鏡は、ほとんどが、乱視や近視で低下してしまった視力を良くするためのものではなく、視力を育てるための遠視の眼鏡だと思われます。見た目には、同じ眼鏡ですが、使う目的にが全く異なります。 もし、このように、遠視である幼児が、このためのメガネをかけないでいると、十分に視力が育たなくなって、寄り目の斜視になり、両目で...

続きを読む
赤ちゃんの遠視

生後間もない赤ちゃんというのは、ほぼ遠視であるため、近くで物を見せても、焦点を上手に合わせることが出来ません。赤ちゃんの眼球は、少し小さいということ以外、ほとんど成人と同じ位完成しています。これは、脳へ、網膜からの信号を伝えて映像にするという仕組みが育っていないからです。赤ちゃんの眼が見えるようになる仕組みは、実際に物を見て、脳へ網膜からの刺激が加わることによって成長します。それは、生後3歳前位ま...

続きを読む
幼児の遠視

多くの場合、3歳児検診で、視力の低下が疑われ、精密検査をして、遠視だということが判明するという場合が多いようです。注意すべきなのは、弱い遠視や中程度のものです。これらは、見逃されてしまう場合があります。近視と同様に、遠視も病気ではありません。遠視によって、近くを見るときにピントが合わない状態は、近くの物を見ることが多い現代社会で、子どもの眼に対して、とても負担をかけることです。強度の遠視の子はもち...

続きを読む
小児の遠視

小児の場合、遠視の方が、近視より頻度も問題も高いことを認識してください。では、どのような問題があるのでしょうか。論文によると、斜視や弱視の原因になりやすいということが問題であるということです。しかし、遠視は、軽い場合、むしろ良い目として評価されており、成人の様に、眼精疲労が無いので発見されにくいことがあります。中度以上になると、目を細め、視力の低下や、目が真ん中に寄ってしまう内斜視などで判明するこ...

続きを読む