遠視による内斜視・弱視

遠視による内斜視・弱視

●内斜視について

 

子供の眼に遠視がある場合、眼は、ピントを合わせようとして調節をしますが、この時、同時に、眼を内側へ寄せる筋肉の働きが生じ、調節性内斜視となってしまうことがあります。そして、結果的に、両方の眼で見る力や、視力の発達が悪くなってしまうことがあります。

 

 

●弱視について

 

近視の場合、近くに必ず、ピントが合う所があります。そのため、物をハッキリと見る時間があるので、視力の発達に障害はありません。しかし、遠視の場合、ピントがどこにもあわないので、いつもぼやけた像を見ていることになります。

 

視力がまだ発達段階にある子供が、このような状態で過ごすことになると、視力の発達が阻害されてしまい、弱視になります。両方の眼が強度の遠視の場合、両方の眼が弱視になってしまいますが、これは、メガネをかけることによって、早期に治すことができます。

 

問題なのは、片目だけが強度の遠視である場合です。これは、必ず強い弱視になってしまいます。早いうちにメガネをかけて、弱視の治療をしなければなりません。弱視は大人になってからの治療は出来ないので、遅くとも小学校3,4年生までには治療をしないと手遅れになってしまいます。

 

どちらの治療も、遠視のメガネをかけさせることです。特に、片眼だけが遠視の場合、メガネの他に、正常な方の眼を覆って、遠視の方の眼を強制的に使わせるという遮蔽治療を必要とするケースも多いです。

 

学校の視力検査で視力が悪かった場合、それは、裸眼での視力しか測っていないので、実は強い遠視だったということに気づかなかったということがよくあります。必ず、眼科に行って、医師による検査を受けてください。子供の遠視の場合、診断は難しく、点眼薬などで調べないと正確な結果はわからないということを覚えておいてください。