いろいろな遠視

いろいろな遠視

屈折性遠視と軸性遠視

遠視とは、近視とは逆に、網膜よりも後ろにピントが合ってしまう状態のことをいいます。その結果、網膜に映る像がピンボケしてしまいます。遠視とは、遠くを見る時に、光が網膜の後で焦点を合わせてしまう状態のことを言います。これは、眼の屈折力が眼球の長さに対して弱いので、網膜の上でピントがきちんと結べない状態を指しています。目が屈折力を高めようとする努力をしていないと、どこにもピントは合わないのです。これは、...

続きを読む
遠視による内斜視・弱視

●内斜視について子供の眼に遠視がある場合、眼は、ピントを合わせようとして調節をしますが、この時、同時に、眼を内側へ寄せる筋肉の働きが生じ、調節性内斜視となってしまうことがあります。そして、結果的に、両方の眼で見る力や、視力の発達が悪くなってしまうことがあります。●弱視について近視の場合、近くに必ず、ピントが合う所があります。そのため、物をハッキリと見る時間があるので、視力の発達に障害はありません。...

続きを読む
遠視性弱視

・遠視性弱視とは私たちが日常生活の中で、近視なので視力が落ちてしまった、乱視があり視力が悪いと言って使う視力という言葉は、正確には裸眼視力のことです。裸眼視力は、眼鏡やコンタクトを使用してないときの視力です。一方、近視で、裸眼視力1.0の人でも、眼鏡やコンタクトで矯正することにより、通常は1.2くらいの視力になります。この眼鏡やコンタクトをした時の視力を、裸眼視力に対して、矯正視力と言います。弱視...

続きを読む