遠視の矯正

遠視の矯正

遠視の人の場合、眼の外から入ってきた光の線が、網膜よりも後ろに焦点を結んでしまうため、ぼやけて見えてしまいます。この場合、近くの物程、ぼやけて見えます。しかし、メガネやコンタクトレンズで眼の焦点位置を前へずらすことにより、はっきりと見る事が出来るようになります。遠視の場合、物を見る時、常に目でピントを合わせなければならないので、疲れやすくなります。程度が軽い遠視の場合には、無意識のうちにピント合わせを行って、見えにくいとは感じない場合もあります。

 

しかし、目のピント合わせの力は、年令を重ねるごとに弱くなってきてしまいます。そして、40歳頃になると、見えにくいと自覚するようになっていきます。遠視の程度が強い場合、若い場合でも疲れや見えにくさを感じます。幼児の場合、遠視の程度によって、斜視・弱視になることもあるので、特に注意が必要です。

 

現在、手術以外で遠視を治す方法は見つかっていません。その上、決定的な予防法もありません。疲れや、見えにくさを感じるようならば、メガネやコンタクトレンズを使用して矯正するのが唯一の方法です。

 

遠視の場合、常にメガネやコンタクトレンズを使用しますが、遠視の程度、生活環境により、使い方が変わってくることもあります。また、幼児には調節力があるため、遠視の場合でも、見かけ上の度数と本当の度数とで、差が生じやすくなります。そのため、中学生くらいまでの子供は、調節力を麻痺させる点眼薬を使用し、視力検査や度数を測る検査を行う必要があります。

 

見えているからといって、すぐに眼鏡を作ってしまうと、適切な度数の眼鏡にならないことも少なくありませんので、注意が必要です。